診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 荷物を持ち上げた直後にぎっくり腰になってしまった
  • くしゃみをした瞬間、腰に激痛が走った
  • ぎっくり腰が痛くて不眠がち
  • 前屈みや後ろに反らす動きが取れない
  • 痛みが良くなったり悪くなったりを繰り返している

ぎっくり腰とは?|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」です。ぎっくり腰には以下のような特徴があります。

  • ・突然発症する

  • ・動くと痛みが強くなる

  • ・レントゲンやMRIなどの画像検査では問題がない

  • ・1~2週間程度でほとんどは改善する

このように、命に関わる疾病ではないものの、その激痛はつらいものです。欧米では「魔女の一撃」と呼ばれるほど、痛みのあまり動けなくなってしまいます。

ぎっくり腰の原因とは?|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

現時点では、はっきりとした原因はわかっていません。

直接の原因としては筋肉や関節の捻挫・炎症ではないかと考えられています。

重い物を持ち上げた時に発症するケースが多い一方で、腰を捻っただけとか、立ち上がろうとしただけ、といったこともあるので一概には言えません。

ぎっくり腰を放置すると?|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

ぎっくり腰は比較的回復しやすいですが、代わりに再発しやすい特徴をもっています。

また、中には1ヶ月以上経っても症状が改善しなかったり、下肢全体にしびれや痛みが起こったりする方も少なくありません。

この場合、神経障害や圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニアをぎっくり腰と勘違いして放置し、症状が悪化してしまっている方もいます。

そのため、ぎっくり腰か否かは自己判断せず、早めに整形外科を受診することが大切です。

当院の施術方法|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

〇〇区のゼロスポ鍼灸・整骨院白楽・大口に腰痛で来院された方のほとんどは骨盤や背骨などに歪みが見られます。

この部分をきちんと矯正することで、ぎっくり腰の改善を図ることができると当院は考えています。

骨の歪みの多くは日頃の悪い姿勢が原因です。悪い姿勢が続くことで骨同士が徐々にずれてしまい、腰に過度な負荷がかかります。すると、その周囲の筋肉が硬くなり、筋肉を伸ばそうとすると引き裂かれたような激痛を引き起こすのです。

治療を始める前には、ぎっくり腰を起こした状況を詳しく伺います。来院直前にぎっくり腰になった場合はアイシングで筋肉の炎症を抑え、緊張を取り除いていきます。

一方、ぎっくり腰になってからある程度時間が経ってしまっている場合は、固まった筋肉をほぐすためにマッサージします。

そしてある程度動かせるようになってから骨格や骨盤の矯正を行ない、患者様一人一人が持つ本来の姿勢へと整えていきます。

こうすることで再発しにくい身体づくりができるのです。

ぎっくり腰でつらい方や再発を繰り返してお困りの方は、ぜひ当院の施術で再発しにくい身体を目指しましょう。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分