診療時間

手首・指の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手首を捻ってしまい、以来少しでも捻るだけで「ズキン」とする
  • 指の動きが悪くなって日常生活に支障がある
  • 手首~肘にかけて痛むときがある
  • 手首を痛めて以来、サポーターが手放せない
  • 転倒してから小指側の関節に違和感がある

手首・指の痛みの原因とは|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

日常的に起こる手首や指の痛みには以下の様々な症状があります。

  • ・ドケルバン腱鞘炎…親指に繋がる短拇指伸筋腱の腱鞘炎のことで親指側が痛む。
  • ・TFCC損傷…小指側の手首にある尺骨が損傷することで起き、小指側が痛む。
  • ・尺側手根伸筋腱炎(腱鞘炎)…小指側の手首にある尺骨の関節痛。これによって手首が動かなくなったりズキンとうずいたりする。

  • ・舟状骨骨折…手をついた際に手根骨が骨折する。

  • ・手根靭帯損傷…手をついたり打ったりした際に、骨の間の靭帯を損傷。

  • ・変形性手関節症…原因不明で関節や手首が痛くなったり、または動きが悪くなったりする。

上記以外にもまだまだ多くの病気があります。

それに、指の病気も多くありその中でも以下が代表例です。

  • ・狭窄性腱鞘炎(ばね指)…手がこわばったり、指を動かしたときにひっかかったりすることで悪化。そうなると痛みで指が曲がらなくなる

  • ・手根管症候群…主に親指・人差し指・中指が痺れる。物が掴みにくくなってくる。

  • ・ヘバーデン結節…第一関節の軟骨が飛び出して痛む。

  • ・マレット指…突然、指の第一関節が伸びなくなる症状。

  • ・屈筋腱断裂…指を曲げる際に動く屈筋腱が断裂してしまう。

そのまま痛む手首・指を放置すると・・・?|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

手首や指は日常生活で酷使される部分なので、その分疲労が溜まりやすく障害も出やすいと言えます。

それに、初期は痛み・しびれなどの症状が起こっても動くので放置しやすく、その為に悪化してから治療開始しても、回復に時間が掛かったり痛みが残ってしまうこともあります。

例に挙げると、著明なキルト作家がヘバーデン結節を放置した結果、20年以上も経って10本中8本もの指がほとんど動かなくなったことです。それにまだ進行中だそうです。怖いですね。

当院の治療方針とは?|小田原市 コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363

そこで、当院では来院される方に、初めは詳しいカウンセリングを行い、それぞれに違う原因を突き止めていきます。

多くの場合は日常生活での身体のクセ、それに姿勢の悪さなどによって関節のずれが引き起こされます。そして放置することで無理な負荷をかけ続け、次第に神経が圧迫されて痛みが発生するのです。

それに、身体のバランスも患者様によって異なる為、最適な状態も違ってきます。

当院では患者様の身体を全てチェック。そこで最も負担がかかりにくい身体へと整えていきます。

その際には、手首・指だけに至らず筋肉・骨格・骨盤まで備調整することで、身体の筋肉を効率的に使いながら、指・手首の動作を容易に行なえるようになります。そして、痛みが再発しにくい身体へと変わっていくのです。

大事な手首・指の障害をそのままにすると、生活の質までが落ちていってしまいます。

そうなってしまう前に、ぜひ、ゼロスポ鍼灸・整骨院グループで【根本治療】を受けることを強くお勧め致します。

お問い合わせ

  • コリフレッシュ 鍼灸・整骨院 363
  • LINE

診療時間

住所
〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-12-45 山崎ビル1F
アクセス
小田原駅から徒歩5分